ビジネス英会話もシンプルかつ説得力あるフレーズから│中学英語をフル活用!

ビジネス

世界のグローバル化は、
もはや留まるところ知らず。

ますます活発化して、
日本国内の企業でも「社長や上司が外国人!」
という時代です(汗)

「外国人の上司に英語でどう話しかけたらいいの?」

「取引先にいる外国人社員と信頼関係を築く方法は?」

などなど、
日本人同士ではさほど問題にならなかったことも、
文化・言葉の壁があることで大きな不安材料に!

そんな時に「出来たらいいな~」
と誰しも思うのがビジネス英会話では?

何だか日常英会話よりも堅苦しくて、
難しいイメージを持たれがち 😕

 

でも大丈夫ですよ♪

業務上、必要とされる英会話は、
少なくとも受験英語のテストではありませんから 😉 

まずは、
シンプルなビジネス英会話フレーズを覚えて、
それらを応用していくことから始めましょう!

今回はビジネス英会話の必要性を
感じている人に、

中卒英語程度のレベルでも、シンプルかつ
説得力のあるフレーズを身に着けることで、

世界で戦える英会話術が成り立つ
具体例を示しながら、

ビジネス英会話に自信を持ってもらおう
というお話です♫

 

ビジネス英会話と日常英会話は何が違う?

日本国内の企業でも国際化が進み、
海外企業との取引や外国人との商談など、
日本人ビジネスマンも英語に直面する
機会が増えていますよね!?

今、この記事を読んでいるあなたも
そのひとりでは?

ではいったいビジネス英会話は、
普通の日常英会話と何が違うのでしょう??

・・・・・・・・

答えは『親しき中にも礼儀あり』という
教訓をいつも心に留めていれば、
おのずと出せますよ 😎

 

一般に英語圏の文化では、
日本を含むアジア諸国にあるような
年上や役職への尊敬・敬意
というものが薄いんです!

それゆえ一見、上司も部下も新人も古株も、
フレンドリーな英会話で
やり取りしている感じがします。

でも、それを鵜吞みにしてしまうと、
ちょっと危険なんですよ 🙁

どんなに親しそうに接してくれる
相手であっても、
そこが職場やその延長ならば、

あなたが教養ある人ということを
ビジネス英会話を通してアピールして
おくことが大切です

そう、日本語には敬語や丁寧語がありますが、
英語も同様にフォーマルな表現法があるんです。

これがまさしく、ビジネス英会話と直結します。

その他、専門用語がビジネス英語に
含まれますが、
これは日本語でも同じく、
自分の働く業界用語として身に付ければOK!

 

ビジネス英会話が登場する場面

ビジネスシーンでは、
英語ネイティブの人にとっても、
ある程度の緊張感を持って会話が進行
するのはごく普通のこと。

ましてや判断・決裁が求められる場面では、
誰しも緊張します。

そんな時、相手を気に掛けながら
ビジネス用の英語で話を進められたら理想的 😉

ビジネス英語・英会話はわりと
日本語の丁寧語に近く、
使いこなせる人は教養の現れとなることから、
説得力も出てビジネスシーンで有利に働きます♡

ですから、使えるに越したことはありません!

だからと言って、
イギリスの女王様の話し方を真似しなさい!
という意味ではありませんよ(笑)

 

日常業務では挨拶から始まって、
業務報告・メール・電話・会議・接客など、
あらゆるシーンが想定出来ます。

あと、仕事仲間とのくつろぎシーンも
ある意味業務の内ですよね!?

でもビジネスで使われる英語は、
使われるシーンごとに
パターンがあるので、
覚える内容はそれほど多くありません。

下記に日々使える代表的なビジネス英会話の
フレーズを日常英会話と比較しながら、
シーンごとにまとめてみました。

 

日本語シーン ビジネス英会話 日常英会話
リクエスト

このコピーを取って下さい。

このコピーをお願いします。

このコピーを取って頂けますか?

このコピーを取って頂けるとありがたいのですが。

 

Could you please photocopy this?

Would you please photocopy this?

Would you mind photocopying this?

I would appreciate it if you could photocopy this.

It would be grateful if you could photocopy this.

 

Photocopy this(, please).

Can you (please) photocopy this?

Do you mind photocopying this?

許可

休暇をとっても良いですか?

休暇を取らせて頂けますか?

休暇を取ることはことは可能でしょうか?

 

Could I take a day off?

May I take a day off?

Would it be possible (for you) if I take a day off?

 

Can I take a day off?

Let me take a day off.

お礼

どうもありがとうございます。

感謝いたします。

大変ありがたく思います。

 

Thank you very much.

Thank you so much.

I (really) appreciate it.

 

Ta.

Cheers.

Thanks.

Thanks a lot.

Many thanks.

Thank you.

おたずね

一緒に来たいですか?

ご一緒にいらっしゃいますか?

 

Would you like to come with me?

 

Do you want to come with me?

謝罪

ごめんなさい。

申し訳ありません。

反省しております。

 

I’m so sorry.

Sorry about that.

I apologise for~.

My apologies.

I deeply regret.

 

Sorry.

I’m sorry.

顔合わせ・紹介

~をご紹介します。

~をご紹介させて下さい。

 

Could I introduce~?

May I introduce~?

 

Let me introduce~.

Can I introduce~.

 

ごく一例ですがご覧の通り、
決して難しい表現は
出てきていないですよね!?

でも、これらをその状況によってササッと
使い分けられるようになるには、
やはり数稽古しかありません。

いつも「Thank you, thank you」や
「Sorry, sorry」の連発では、
やはり芸がないですからね(笑)

そして、「Please」もお忘れなく!

私の住むニュージーランドでは、
さほどうるさく言う人はいませんし、
「プリーズ」をつけない人も多いですが、
これがイギリスだったらけっこう怒られます!!

やっぱり人に何かお願いする時には、
丁寧に越したことありませんから♪

 

大事なのはポジティブな第一印象を作ること

突然、今働く職場に海外からお客さんが来たら、
あなたはどうしますか??

自然かつ丁寧でスマートな対応が出来れば、
同僚からのお株も上がるし、
何と言ってもそのお客さんがあなたの会社の
商品を買ってくれるかもしれません!

そう、好印象ってヤツですね。

ビジネスシーンでは、いかなる状況でも
ポジティブな第一印象がカギとなります。

それを英語でやるには、やっぱり慣れが必要です。

国際化の波に乗り遅れないように、
明日からでも使えるフレーズを押さえて、
非常事態(笑)に備えておくべきです 😎 

そろそろやる気になってきたという人は、
スマホのアプリでスタートしてみるの手ですよ♪

気軽さと携帯性はピカイチです 😉

Playaおすすめ英会話アプリのレビューはこちら

↓ビジネス英会話に特化したおすすめアプリはこちら
ビジネス英会話 スタディサプリEnglish

うなずくだけの人は注意!会議で存在感をアピールしながらビジネス英会話を実践すべし

よく日本では会議中でも発言を躊躇して、
大人しく聞いているのがマナーのような
ところがありますが、
いつもうなずくだけの人になっていませんか?

これを外国人の前でやっていると、
あなたの存在感は間違いなくゼロ!

人の話し中に割り込むことは
避けなければいけませんが、
きちんと手を挙げて自分の言葉で
構いませんから、発言を心がけましょう!

こうすることで、次回からあなたへの
注目度が一転しますよ 😉

最初のうちは恥ずかしくて
上手くいかないかもしれませんが、
あなたはれっきとした日本語の達人。

多くの外国人が出来ないことが
出来るんですから、心配無用です♪

 

孫 正義氏を見習え!

日本で最も注目を浴びる経営者といえば、
ソフトバンクグループ会長兼社長の
孫 正義氏では?

知らない人はいないでしょう。

孫氏は10代後半でアメリカの
高校・大学に進学した王道の留学組。

なので「英語は出来て当たり前!」
と言われることも。

でも実際に彼の英語プレゼンテーションを
聞いてみると、
良い意味です~ごくシンプル♡

以前から、孫氏の物腰の柔らかさと
強靭なビジネススタイルに
ギャップがあって、興味があったんです。

でも、ある記事を読んで謎が解けました!

数年前の東洋経済オンライン記事ですが、
ビジネス英会話に自信がない人は必読です♡

孫正義は「中学英語」で世界トップと交渉する | リーダーシップ・教養・資格・スキル
私はかつてソフトバンクの社長室長を務めており、常に孫正義社長のそばにいました。海外出張にも同行し、英語でスピーチする姿を何度も見てきました。当時、私の英語力はあまり自慢できるものではありませんでした…

 

孫氏はもともと、天才肌の持ち主であることは
疑いなさそうですが、
彼のビジネス英会話に注目してみると、
面白い事実が有りますよ!

 

孫 正義氏は中学英語で世界トップと交渉する事実

上記の記事は、ソフトバンク元社長室長の
三木 雄信氏が孫 正義氏の側近として垣間見た、
『伝わる英語』を紐解いた内容になっています。

記事をざっと要約すると、
『中学英語』『シンプル』『パターン』を
繰り返すことで、
孫氏のプレゼンは成功しているというもの。

プレゼンテーションの冒頭は、
「Good morning/Good afternoon/Good evening」と
「Thank you very much.」でシンプルな挨拶からスタート。

「I’m excited~」や「I am happy~」など、
出来るだけ簡単な表現で自分の言いたいことを
ハッキリ言い切る。

話題転換時には「Let me~」や「Let’s」で主導権を握る。

「A I said before/in the beginning/in the past~」で
重要事項は繰り返し強調、単語「key」が便利で有効。

「I’m confident about~」「I’d like to~」で終盤の説得。

「Thank you very much.」でプレゼン終了。

 

何だか目からウロコではありませんか!?

英語でビジネストークを展開させるコツを掴むのに、
役立ちそうですね。

三木 雄信氏がさらに突き詰めていった事実が
本になっていますので、興味のある方はどうぞ♪

 

最後に│自分の好きな著名人の演説から学んでみよう!

さて今回は、
ビジネス英会話とフレーズ活用の大切さ
についてお話してきました。

中卒英語程度の知識の人でも、
シンプルかつ説得力のある『フレーズ』を
身に着けることで、

ビジネスシーンでも対応出来る英会話が
成り立つことが具体例から分かってもらえたハズ。

これからは、実践あるのみですよ♪

その際に、自分好きな・波長が合う著名人の
スピーチやプレゼンテーションを何度も聞いて、
その説得力ある話し方を真似てみるのも
効果的ですよ♡

今回取り上げた孫 正義氏だけでなく、
例えば故スティーブ・ジョブズ氏や、
前イギリス首相テリーザ・メイ氏などの
スピーチも聴きやすくてオススメ。

こうした著名人が聴取に感動シーンを残した映像が、
今はYouTubeでも気軽に閲覧できる時代です。

それらを活用して少しずつ前進していけば、
あなたも外国人の上司や取引先社員を前に
気後れすることなく、
自信を持って交渉出来るようになりますから♪

Playaも引き続き、優良情報を提供して応援していきますね。

 

 記事の内容で分かりにくいところ

 相談したい悩み事

 ご感想

...などがありましたら、お気軽にお問合せからどうぞ^o^

 

今日も最後までお読み下さり、どうもありがとうございます。

ビジネス
Playaをフォローする
英会話を楽しくマスター|英語を使いこなすコツをニュージーランドから

コメント

タイトルとURLをコピーしました